顔のむくみを解消する方法は

寝起きの顔を鏡で見たらいつもより大きく見えて焦ってしまうことがあります。押してみて弾力があれば太ったのが原因とも考えられますが、指の跡がくっきりとつくようならむくんでいるのが原因です。顔のむくみはリンパに沿って老廃物を排泄するように導けば、その場で解消できてすっきり効果を実感できます。

寝起きで顔がバンバンならマッサージ

顔にたまってしまった水分や老廃物を排泄させるにはマッサージがベストな方法です。リンパに沿って老廃物をリンパ節まで運びます。準備体操として首をほぐします。左右に各3回ずつゆっくりとまわします。次に、鎖骨のくぼみをぐりぐりとしてリンパ節をほぐして排泄しやすい状態を作ります。親指以外の4本の指で左右それぞれ20回ずつ押します。この時、ピンとした痛みを感じる場合にはリンパ節が詰まっている可能性があります。押して痛いのならば、ゆっくりとさする程度でも大丈夫です。

 

水分が排泄されやすい環境が整ったところで顔のマッサージに移ります。肌を傷めないようにマッサージクリームや乳液を塗ってから行うとやりやすいです。まず、顎の中心から耳の下に向かって皮膚を引き上げるようにさすり、首筋、鎖骨へ老廃物を流します。これを左右とも数回行います。次に、手のひら全体で頬をつつみ、こめかみまでさすりあげ、耳の下、首筋、鎖骨へと流します。力を込めてさする必要はありません。皮膚の上をすべるように動かすだけで輪郭のはっきりとした顔に戻せます。

温めて冷やすを繰り返して新陳代謝を促す

顔全体を温めたり冷やしたりを繰り返すと新陳代謝をアップできます。濡らしたタオルを500Wの電子レンジで約2分あたため、30秒程度顔全体にかぶせます。次に冷水もしくは冷やしたタオルで顔をひきしめます。これを数回繰り返すことで、血行が良くなります。マッサージと併用すれば、パンパンになった顔もその場ですっきりとさせられます。

 

むくんだときの応急処置として効果的な方法ですが、日々のケアとして取り入れることで血行が改善されるので老廃物がたまりにくくなります。ターンカーバーが改善されてくすみのない肌をよみがえらせることができます。ホットタオルにアロマオイルを含ませるとさらに血行促進が期待できます。アロマオイルにはそれぞれ効果があり、なかでもジンジャー、ペパーミント、ローズマリー、レモングラスなどが血行促進をサポートする働きを持っています。